読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のだめカンタービレ Lesson4

今回の演奏シーンよかったなあ。OPで使われてるのがベト7だとは知ってたけど、通しで聞いたことないので「やるならここだろ」があそこだったのかー!と。そしてひさびさののだめのピアノもカッコよかった。「いかずち!」「どろぼう!」もあそこだったのかー!と。音があるって素晴らしいことだなあ。こういうのが映像化のいいところ。金管のベルアップは真上より左右に開いた方がよかったのではとは思ったけど、コンバスとチェロのくるくるはすごいね。いいのかよ、あんなことして。カッコいいけど。
我が家ではTpの譜面台についてたカエルが可愛いねえとチビッコとほのぼのしてた。「おまえら蛇つかいか!絞め殺すぞ」には慄然とした。ダメっスか蛇つかい。でもObって基本蛇つかいじゃねえ?使用曲は素人でも耳にしたことのあるメジャーな曲ばかりになってきたような気がする。

しかし今回ののだめドラマは、キャスティング発表時は非難囂々だったがドラマが進むに連れてキャストがばっちり好演のはまり役となり、大好評のうちに終了した「花より男子(日本版)」並みに成功するかもしれない。原作ファンからはかなりのブーイングだった千秋先輩役の玉木は最近は受け入れられつつあるみたいだし。竹中ミルヒーはまだまだ受け入れがたいらしいが、あれは他にやりようがないだろう。ちなみに「花男」は本来「のだめ」ドラマ化予定で枠取ってたけどいろいろあって「のだめ」が流れちゃったので仕方なくひっぱってきたというやっつけドラマだったという説あり。因縁。