読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州管楽合奏団の公開リハーサル

2006年11月4日(土)に開催される「“シネマ!シネマ!シネマ!”九管ポップスコンサート」の公開リハーサルを見学に行ってきた。

九州管楽合奏団とは

「九州管楽合奏団」は、吹奏楽の発展に情熱を傾ける水崎徹(九州交響楽団クラリネット奏者)を囲む九州在住の管・打楽器奏者達が集まり、2004年12月7日にプロの吹奏楽団として発足しました。

というわけでHPの団員さんのプロフィールを見ると結構な経歴なのだがこれまで存在を存じ上げませんでした。地域密着型合奏団みたいなので公開リハなども積極的にやってる模様。

◆公開リハーサル
1回目:10月6日(金)18:00〜20:00
2回目:10月25日(水)18:00〜20:00
コンサートが完成されていく過程・リハーサルを公開します。
場所:イベントホール
・入場無料
・入退場自由
・予約不要

部活終了後のチビッコをピックアップして会場へ。入口でコンサートのフライヤー&アンケート用紙をいただきつつ入館。ここのホールは初めて入ったのだが、座席可動式で体育館としても使える多目的ホールだった。音楽ホールとしてはどんなんだろう、音的には微妙かも。
思ったより見学者はいて100〜150人くらい?最前列はたぶん高校生、他にも声をかけられてふらりと立ち寄った人、ちゃんとした演奏会には連れて行くのは難しい「静かにしなさい」ができないくらいに小さい子連れのファミリー、など各種多彩いろいろいて、ガツーンと頭からケツまで演奏すると拍手〜みたいなまったりムード。こういう肩肘はらずに聞けるスタイルはファンの裾野が広がる感じでいいねえ。
自分たちもみなさんとは少し離れた席で「あの音でる?」「あんなふうに音の処理やんないと」「ああいうのカッコイイねー」と普通の演奏会では絶対にできない、生音を聴きながらのコソコソ話(すみません)をしつつ見学。

18時半過ぎ〜19時50分あたりまでで演奏していたのは以下の曲。

到着したときやってた「サウンド・オブ・ミュージック」はまったく同じアレンジの同じ曲を演奏したことがあって驚いた。「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」「ひとりぼっちの羊飼い」「さようなら、ごきげんよう」「エーデルワイス」「すべての山に登れ」だけで、まさにリアル私のお気に入りな「私のお気に入り(My Favorite Things)」が入ってない欠陥メドレーなんだけどさ。「私のお気に入り」は20数年経ってもやっぱり入ってなかった。もう〜いれてくれよ。「スター・ウォーズ」もアレンジ違いでやったことあるけど、昭和と平成でいくらスタンダードとはいえ曲目が同じってどうなのよって思うなあ。
クワイ河マーチ」というか「ボギー大佐」もやったよなあ。シネマだから「戦場にかける橋」で「クワイ河マーチ」になるのか。ついサル・ゴリラ・チンパンジ〜♪と歌ってしまった(心の中でな)。
フライヤーで演奏曲として紹介されてた曲はやってくれなかった。本番は来週だけど天皇杯あるから行けない。残念。

日時:2006年11月4日(土)
開場:18:00 開演18:30
会場:宗像ユリックス イベントホール
チケット:全席自由 一般前売2,500円 学生前売1,500円
子ども前売1,000円 (未就学児。3歳以上有料)
※当日500円高
Lコード:88678 Pコード:236-394
託児あり