読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第54回全日本吹奏楽コンクール

中学の部の中国代表はこれまで全国大会23年連続金賞受賞だったそうで、今回出雲一中がめでたく金獲得し24年連続とバトンが繋がった模様。死守できてなによりッス。出雲一中って昭和の吹奏楽時代から強かったからねえ。新しい曲をまずこの学校が吹奏楽アレンジして引っ張ってきて演奏、何年か後に他の学校が同曲を演奏というのが中国地区の自由曲ローテーションだった。初めて聞いた「火の鳥」は出雲一中だったので未だにあの衝撃が残ってるなあ。

金賞に選ばれた三重県鈴鹿市立千代崎中など4校がプッチーニのオペラ「トゥーランドット」を選んだが、それぞれに異なるアレンジで聴かせた。

吹奏楽の古典中の古典で、色彩感が豊かなレスピーギの「ローマの祭」を5校が選び、様々な編曲で聴衆を酔わせた。

おまえら自由曲かぶりすぎ。
そしてアカピーは記事の切り口がおなじすぎ。どんな素人がテンプレ記事書いてるんだか。ちゃんと仕事しろ。